ページ

2017年11月20日月曜日

今年の機材


今年の機材についての記事





今年からウォークライドに所属して走るにあたって、まず自転車をどうしようかと。

一先ずは、前の前の所属チームのご厚意でいただいた自転車に乗っていく事に。

これがなかったら、今年は活動出来ませんでした。

内山さん、ありがとうございました。



GIANT TCR SL 2012

ポジションもばっちり出ている自転車なので、すぐに練習に専念出来ました。

すぐに色々買えるほど資金もないので、少しずつ自分の使いたい物を買っていこうと

あれやこれやと構想しながら、冬場の練習に勤しんでいました。



アルミならではの反応の良さが持ち味。

加速力の乏しい自分の手助けをしてくれました。

脚があるとガンガン踏める。けど、踏みすぎ注意な自転車。

一気に脚にくる事があります。




冬場は兄の自転車も借りて走っていました。

「LEMOND」。

スチールフレームで、重たさは否めませんが、独特の伸び感が走っていて楽しかった。

重量のある自転車で、練習するのもアリだなと思いました。



段々とレースが近づいてくる2月頃。

自転車本体は大丈夫だけど、レースで使えるホイールがない。

まずはホイールを用意しなければと、常日頃からお世話になっている

TACKEの耕大さんのお店でホイールを注文。



FULCRUM RACING 0  途切れてる…

カーボンディープのホイールを!といきたい所だけど、使い勝手の良い

アルミのハイエンドモデルのホイールを選択。

フルクラムは見た目も質も良い印象。

自分が求める条件の、頑丈さやある程度の軽量さのある

良いホイールでした。

因みに自分が中学校の入学祝いに買ってもらったRACING 3は未だ現役です。




組み合わせたタイヤはContinental GP4000 s2 25c

今まで使った事のないコンチタイヤでしたが、評判も良かったので使ってみたら良かった。

グリップも良いし、練習やレースでも使って一度もパンクしなかったのは素晴らしい。

このタイヤのパッケージのサイドにいるおばちゃん達の勝ち誇った顔にも納得。






そんな時に耕大さんから、余ってるコンポ使う?という有り難い言葉をいただき

お言葉に甘えて使わせていただく事に。


そして出来たのがこちら


GIANT TCR ADVANCED 0  2009

年式はもっと古くなりましたが。

今度はカーボンフレーム。

硬すぎず柔らかすぎず、自分には相性の良いフレームでした。

この自転車を組むにあたって、色々な方に協力していただきました。

変速機系統は耕大さんに、(9000系デュラ!)

ペダルは大場さん、

自分がシートのネジを潰してしまいそのネジを

サイクルショップ大牧の鎌田さんに治してもらい

後にトレーニングで使っているガーミンを小室さんからいただきました。

皆様、ありがとうございました。






2月下旬に完成してウキウキで静岡の親戚の家まで自転車で行きましたが、

途中で雪に降られ、新品のホイールやシューズもろともドロドロに汚れました…




3月から6月にかけてのレースではこの黒ジャイアントを使用。

ただ、フレームの年式も古く不安の残る部分もあったので

7月前に兄達に協力してもらって、ウォークライドWR2ARを

購入させてもらいました。







これまたオールラウンドに使える自転車。

自分が使うサイズになると軽量という括りには入りませんが、

進みが良い自転車です。

特に良いなと思ったのはもがいた時に50km/hより先のスピードから伸びてくれる。

アルミのTCRは低速からの駆け出しは良いけど、そこからの伸びが物足りなく

これに乗ってからトップのスピードが上がりました。

ジオメトリーがジャイアントと大きく異なるためポジション出しに時間がかかりましたが、

今は大体落ち着いてきて気持ちよく乗っています。

WALK RIDE WR2ARの詳細はこちら




と、何と今年に入って4台も違う自転車に乗っている。贅沢だなぁ。







自転車以外で個人的に購入したのは、シューズとレインウェアとヘルメット。


シューズは以前壊れてしまったと紹介したGIRO EMPIRE SLX


片足で200gを切る超軽量シューズ。

紐靴なんて…と以前は抵抗がありましたが、ふと履いてみたくなって

実際履いて使ったら素晴らしいフィット感でした。

唯一のネックは、着脱のめんどくささですがそれを補って余る良さでした。

しかしシューズやサドルなど、こればっかりは個人によって合う合わないがあるので、

あくまで自分にとっては良いシューズでした。





レインウェアはSportful製。fiandre no rain ss

最近の雨の日のレースは黒い人が増えましたね。

自分も以前から欲しいなーと思っていましたが、先程出てきた雪中の走行で

ガタガタ震えながら走っている時に買うと決断しました。

中のウェアまで浸水しないという事はありませんが、冷えないので体温を維持して

走っていられます。土砂降り極寒雨だとまた話は変わってきそうですが

普通の雨なら問題なく使えました。

これを着ていると見た目もプロ選手ぽくて格好良いので晴れている日でも使ってます。笑




ヘルメットはMETのリヴァーレ。

ほとんど衝動買いでしたが、エアロヘルメットながら

クーリング性能も兼ね備えている優れもの。

値段も安価で、カラーもウォークライドにドンピシャ。



これくらいかな、今年活躍してもらった機材は。

今年は機材スポーツである自転車の楽しみを大いに堪能出来ました。


明日からこれらの物と共に自転車小旅行に行ってきます。





2017年11月7日火曜日

2017年のレース終了





先日の幕張クリテで今年の実業団レースは終了。

幕張クリテは早めに会場入りして、見知らぬ千葉県をウロウロ走ったり、

ローラー乗ったりでレースまでに2時間くらいウォームアップして臨み、

展開には絡めずだったけど何とか集団でゴール。

こういうレースは、自分は他の人よりも準備しないと走れないので。

準備しても一瞬で終わらされる事も多いので多少の進歩は見えたかな。次は勝負。


それにしても、きついレースでした。

まともに水も飲めずにゴール後は血の味がして、

小中学生時代の持久走を思い出しました。






 写真:兄


ウォークライドとしての実業団レースは今回が最終。

今年からウォークライドに所属して、自由に活動をさせていただき、

一時期失くなりそうだった楽しく走る事を思い出させてくれました

チーム員の皆様、本当にありがとうございました。


あとは忘年会と、出来たらまだ走った事がない大磯クリテに参加したいですね。




写真:Shu TAKAHAMA


来年の事はまだチームなど決まっていないけど、

ようやく良い感覚も戻ってきたので、
あと1年競技を続けて、そこで大きく伸びないようなら自分の中でも納得して

一つの区切りも付けられるので、来年も続けていきます。






1シーズンよく走ってくれたGIANT TCR SL

色々な人からまだそれ乗ってるの?!と言われました。笑

それもそのはず、高校2年生の時に供給してもらったモデルです。

確か、世界に数台しかないフレームだったような。

今の実業団レースでアルミの自転車乗っている人ってどれくらいいるんだろう?




WALK RIDE号も健在ですが、レースでは乗り慣れたGIANTに乗っていました。

決して乗り味が合わない訳ではなく、慣れの問題です。

今冬はこのWR2ARで色々な所に走りいこうかと思います。




緑好きな自分には堪らないカラー

見た目だけでなく、よく進んでくれる自転車です。


今年使った機材などまた改めて書こうと思います。



2017年10月26日木曜日

守ってくれた




先週末のジャパンカップのオープンレースに出場していましたが、

落車に巻き込まれてしまい、DNF。

結果を求めていたレースだっただけにショックはありますが、こういう時もあると。

何年ぶりかって言うくらい落車は久しぶり。

落車しても再スタート出来ればよかったですが、直後はめちゃくちゃ痛かったし

機材も壊れてしまったので、その場で降りました。





気に入って使っていた、今は廃盤のOGK KABUTOのレジモス。



 


シューズもこれは買った直後の写真ですが、ソールがパックリ割れてしまった。

色々と機材のダメージがありましたが、幸い身体は大きな怪我なく済んで良かった。






今後はインテリアとして活躍してもらおうと思います。





思えば、ヘルメットは4年前のジャパンカップにナショナルチームで出場した際に

支給してもらったもの。

ジャパンカップで始まり、ジャパンカップで役目を終えた形となりました。


そして、今回のレースではその時チームメイトだった寺崎さんも一緒に落車して

2人揃って救護室に行くという。さらにそこで浅田さんにお会いし、

「2人一緒に転んだのか!大人げないなぁ!」と。

救護室で2人で笑っていました。苦笑

心配していただき、ありがとうございます。





宇都宮期間中は彼のお家にお世話になっていました。

レース後も車で運んでもらったり、色々と助けてもらいました。

ありがとうね、大和君。




そして今日は、TACKEの耕大さんのお店でメンテナンスをしてもらい。

いつも、本当にありがとうございます。




さて、週末はJプロツアー最終戦です。

怪我も癒えてきたので、今の状態でも全力を尽くせればと思います。



2017年7月3日月曜日

広島遠征記





西日本ロードクラシックに参加してきました。

結果は、1日目が13位、2日目が8位というリザルト。




1日目は、調子良く走っていたけど、レースの半分くらいで脚が攣りはじめて
誤魔化しながら走るレースが続きました。




終盤に7人で先行した時は、奇跡的に収まってくれて助かった。

このままいきたかったけど、追走とドッキングして

13位でゴール。

暑さの影響か、レース前、中の水分塩分の摂取の仕方に反省が残りました。






2日目は、逃げに乗ってそれが最後まで逃げ切る事に。

道中は、まずまず上手く協調して逃げられた。

ラスト3周から、アキタタクマさんのアタックを皮切りに勝負開始。

途中離されたりしたものの、最後まで先頭には残れた。

けど、そこから踏むことが出来なかった。

8位ゴール。






あまり攻撃的な走りは出来ず、受け身な走り方になってしまったけど、ラスト2〜3周からの勝負が始まった所は楽しかった。

逃げでの選手の会話や雰囲気、レースで勝ち負けを争う場面は

その時はきついけど、思い返すと楽しいですね。

全日本後で、各選手のコンディションも色々とバラツキもあったと思うけど、

自分としては5〜6月から振るわない走りが続いていたので、
向上出来るきっかけに出来たかな。

また、今回遠方の広島遠征という事もあり

補給を「voyAge cycling team」の方達にお手伝いしていただき

本当に助かりました。

自分のやってほしい補給の仕方を聞いてもらって実践してもらって、集中してレースに臨めました。

これがなかったら、最後まで逃げ切れなかったと思います。

ありがとうございました!!




今回のレースは、広島の中央森林公園で

ここのコースは好きで、相性も中々良いです。

全日本でも優勝したし、何より思い出深いレースの4年前の西日本クラシックでも良い走りが出来た場所だったので

今回も頑張りたかった。


写真 一丸さん


なのでだいぶ前から宿などを確保して、仕事も休ませてもらい、金曜日から飛行機で現地入りして、臨みました。






広島に到着して、まず嬉しかったのがレンタカーがデミオ!

普通の小さい車ですが、昔から自分はこの車が好きで
初のデミオドライブ。

素晴らしい。一層欲しくなりました。

いつ買えるかな…







宿もレトロ感満載の所で、ゆっくりくつろげました。

因みに名前は「山根旅館」^_^

おすすめです、楽天のパックツアー。



そして、今回も家族が何と車で、大野家に会いにいくというイベントも兼ねて、応援にきてくれました。

ありがたいです。

優勝は出来なかったけど、元気に走れているのは見せられたかな。




帰りの空港で今回初めての広島の食べ物を食べる。

広島焼き。美味い美味い。

レース期間中は、イオンのフードコート内のサイゼリヤでひたすらパスタを食べていました。

充実の広島遠征でした。

また、明日から頑張ろう。

明日も大量のチーズバターカットが待っている。



兄が最近、一眼レフを買ったので、レースの時は写真を撮ってくれます。

カメラも欲しい…




どこにいるかな?



2017年3月20日月曜日

開幕2戦


ご無沙汰しています。

久しぶりに近況を綴ろうかなと思います。


先週末はジャパンプロツアー開幕戦に参戦してきました。

場所は栃木県宇都宮市。

同時に今年からお世話になっている「ウォークライド・シクロアカデミア」

所属としての初レース。

今年は色々と環境も変わり、その中での初戦。

初日のクリテは予選は無事通過し、決勝レースへ。


写真 松永さん

正直集団スプリントでは勝機はないので、逃げの展開に持ち込むべく臨む。

何度か挑戦はしましたが、持続出来ず吸収。

あのスピード域で抜け出すのは相当強くないと無理だ。

集団で流れるようにゴールへ。


写真 岡元さん

翌日のロードレースも同様に逃げの展開を目標に。

4周目?の鶴の登りでにその前に逃げていたグループのカウンターで

アタックして、食パンマ…横山と逃げるも差が広がらない。

後ろからブリッツェンの雨ちゃんが来てくれたけど、これも吸収。

その後も的を絞って動くけど、逃げは出来ずこの日も40人くらいの

集団での争い。もう出し尽くしてやる!ともがき始めるけど全然加速出来ない…苦笑

20番台でゴール。

そのような開幕2連戦でした。




開幕まで1人でのトレーニングが多かったので、どれだけ走れるのか

不安もありましたが、このくらいは走れるのかと確認は出来ました。

昨日のレースも、動かないで最後まで集団にいたらもう少し上には行けたかと

思いますが、まずは動いて苦しむ事で体調を上げるのと同時に

存在もアピールしなければならないと思ったので、

昨日のレースはそういう意味では70~80点くらいだったかな。

とは言え、サラ脚でもトップ10は現状は厳しかっただろうし、

トップの選手達もレース展開した上での結果なのでまだまだ着に絡むのは遠い道のり。


レース後にシマノの木村さんに、良いタイミングで行ったな!と

言ってもらってそう認識してもらえるのは嬉しかったです。

ありがとうございます。

体調も上げていけそうなので、来年一選手として戻るため引き続き頑張っていきます。



いやー、やっぱりレースは楽しい!

次戦の群馬が待ち遠しい。


写真 松永さん

そういえば今は「Comrade GIANT」時代に供給していただいたGIANTに乗っています。

TCR ADVANCED 1

まさかまたこのバイクでレースに出るとは思わなかったなぁ。

全日本選手権でも優勝した思い出深い良いバイクです。

色々な方の協力によって再び現代バージョンで組む事が出来ました。

その事はまたいずれ書ければと思います。