ページ

2014年3月17日月曜日

CHATEAUROUX - LIMOGES

写真:JCF


レースレポート。

レースは160キロのアップダウンのあるラインレース。
145キロの大周回と15キロの少周回を走ってゴールとなる。

ジャパンチームとしては、前半から攻撃中心の選手と
攻撃しつつも後半の勝負に備える選手の二組に役割を分担し、自分は前者の担当になった。

レースがスタートし、すぐにアタック合戦。
気温が低いこともあるのか、色々な選手が攻撃をしていく。
自分も積極的に攻撃をし、誰かのアタックに乗るだけでなく自分からもアタックを繰り返す。
ジャパンチームとしても、常に先行したグループに誰かを乗せられているよい状況だった。
しかしこの日は中々逃げが決まらない。
何回アタックがあったのか分からないが決まらず。
中盤にかけて登りが連続し、数が絞られてはいくものの少数にはならない。
何度か、20名程で抜け出す場面もあったが60名ほどの集団のまま最後の少周回へ。
ここでジャパンチームは4名。
ここに来るまでに逃げられなかった自分がここから出来る事は限られる。
近くにいた面手選手に声をかけスプリント勝負を頼んだ。
清水選手とは少し離れてしまい、徳田選手にも頼み隊列を組もうとするも慣れていない事と、
狭い道と高いスピードに苦戦し上手く面手選手を発射する事は出来なかった。
一人が逃げ切り、その後ろは集団スプリントとなり自分はその集団でゴール。

感想
チームとしても個人としても攻撃を繰り返しただ集団にいるだけでなく、
レースに参加するという一つの具体的目標は出来たと思います。
最後のスプリントに関しては、実戦を繰り返していくしかないと思うので
どこが悪いのか選手間でのコミュニケーションを大事にして次に繋げたいと思います。

自分個人の体調も良いので、自分のチャンスも逃さずいきたいと思います。