ページ

2014年3月31日月曜日

Grand Prix National de Cintegabelle

レースレポート


9.5キロの周回を12周のレース。
当日は強風が吹いており、風でレースが左右されると予想された。
今日の自分の目標として、積極的に、何が何でも前に残る事。

100数十名以上のエントリーがあったため、レースがスタートしてからはすぐさま前方に位置する。
いくつかの攻撃の末、数名が先行するも差は広がらず、メイン集団でも常に動きがある。
何度も追走の動きをするが、決まるに至らない。
3周目あたりで面手選手含む追走が出来る。
ここで、終わりにせずにさらに追走を作り数名で前を追いかける。岡選手も含む。
5周目完了の時点で、
最初に先行していた逃げー面手選手の集団ー内野、岡選手含む集団が一塊になり、
20名ほどの先頭集団が出来る。
登りの度にペースの上げ下げがあり、徐々に数が絞られていく中で、
6周目の登りでミカエル・ラルプのアタックにより集団がばらける。
これに反応し、岡選手も入り6名で抜け出す形となった。
その後、後ろから4,5名が追いつきこれが先頭集団となった。
この集団で周回をこなしていく。
毎周回、登りと横風区間でペースが地味に上がりジワジワ脚にくる。
序盤の動きのツケがここに来て出始め、あまり脚に余裕はない。
ラスト3周の登りでラルプがアタックし、これに岡選手含む4名が反応していく。
これに反応したものの、結局追いつく事は出来ず。
残り周回は残された3名でこなしていき、最後は攻撃し合いながら進んだが、
ここでトップは取れなかった。
恐らく8位。

感想
今日は何が何でも先頭集団に入ると、いつも以上に気持ちを強く持って走れた事は良かったと思います。
終盤のラルプのアタックについていけなかったのは単純に力不足。
レース全体で振り返ると、もう少しセーブすべき場面もあったと思うので、
いかに無駄な面を削ぎ落として、前で勝負するかを考えながら今後は走りたいと思います。
その反面、多少脚を使っても「力を付ける動き」という点も大事にして
今は、この環境で経験と力を付けていきたいと思います。