ページ

2014年3月23日日曜日

Ronde et Boucles Gersoises

レースレポート

大きい周回をぐるっと一周する125キロのレース。
コースはフランスのこの地域特有のアップダウンをひたすら繰り返す。
そして今日は雨と風がある。
スタートし、アタック合戦。
最初に感じた事は今日は調子が良いという事、積極的に前に行く。
前で動いていて自分達の動きが吸収された次の動きに岡選手が入り、
今回11人エントリーのブラニャックも有力選手を入れた事で集団は一旦止まる。
前に入れなかったチームを中心にペースの上げ下げはあるものの、差は1分以内を推移。
中盤過ぎ、風とアップダウンが連続する区間で追走の動きが多発する。
ブラニャックもさらに入れたいようで攻撃の手を止めない。
何度かアタックがあったのち、自分から仕掛け5,6名で抜け出す。
逃げ集団まであと少しの所で、後ろの集団に吸収。
カウンターで面手選手含む数名が抜け出し、これに各チーム入ったため集団はスロー。
チームとしては、前に複数名送り込めたので先頭きって追いかける必要はないが、自分としてはあそこに入りたかった。
あとはこの集団でゴールする事になった。

感想
繰り返しになってしまいますがチームとして、前に複数の選手を入れられた事は動きとして良かったと思います。
個人的にはどちらも自分が動いて苦しくなってからの飛び出しに入れなかった点は調子は良いと感じられただけに残念な所です。
もう少し冷静に周りをしっかり見て動いていきたいです。
あまり次に次にとは言いたくないですが、体調を崩さず次に備えたいと思います。