ページ

2014年3月17日月曜日

Trophée des Bastides Sainte-Livrade

レースレポート

レースは115キロの大周回と20キロの小周回の135キロのレース。
昨年も出場しているが、寒さとひたすら戦っている事に必死だったのでコースの記憶は
断片的にしかない。
しかし実際、今年は少しコースが変更されていた。

チームメイトは徳田選手、清水選手、面手選手。
レースがスタートし、いつも通りのアタック合戦のハイスピードな展開。
自分も展開していくが、昨日の疲労感は否めない。次第に良くなっていく事を願いながらも動いていく。
アタック合戦は2時間弱にわたり続いたが、決まらない。
決まったのは見通しの良い平坦路。ここに徳田選手がブリッジをかけて合流。
差が開いては縮まり、比較的長い登りへ突入。
ここではかなりのハイペース、しかし、いつもならもう少し余裕を持って登れるはず。
今はかなり苦しい、耐えていたがここから強豪のミカエル・ラルプが抜け出していく。
絶対に行かせてはならないと、自分も周りの選手も分かっているが開いた差が埋まらない。
その後、レッドゾーンに入った集団はガクンとペースが落ちる。
これでは終わると、数名で抜け出すもあと10秒が縮まらない。
前に追いつくより先に後ろに追いつかれる。
その後は、前30名ー集団の構図になるが、この後、徳田選手が遅れてしまい前を追いかける。
なんとか追いつく直前に、前ではさらに数名に抜け出される。
今度は約6名ー約6名ー集団の構図に。
ガスコーニュチームが積極的に集団をけん引してくれたものの、前との差は開いていき、
前から降ってきた数名を吸収し、小周回へ。
40名はいた集団も、3か所のきつい登りでバラバラになり、自分は分断された二つ目の集団で
最後はスプリントをしてゴール。
順位は20位ほど。

感想
レースが動いたのはやはりあの登りでした。
きつい領域からさらに加速していける力が足りないと痛感しました。
連戦で身体はきつかったですが、周りにも同じ状況の選手はいたので
実戦を繰り返して強い身体を作っていくしかありません。
地道にやる事をやっていきます。