ページ

2014年4月29日火曜日

Palio del Recioto

Photo:tanaka sonoko

18キロの小周回と34キロの大周回をそれぞれ8周と1周するレース。
それぞれに厳しい登りと道が細い区間もいくつもあり200人出走という事でサバイバルなレースが予想された。

前からスタートし、その位置をキープし周回をこなしていく。
最初の2周はとにかく前をキープして、そうすれば自ずと人数絞られていく。
登りはきついはきついが維持していけるペースで、常に温存を意識して走っていく。
2周走った所でペースは収まり、集団は安定化。人数も半数以下になっている。
集団で周回をこなしていった4周目、カザフスタンがペースアップを図り、集団が伸びる。
今まで登りを問題なくこなしていたが、このペースアップに面食らう。
一度離れてしまい、平坦下りで追走し再び追いつくも、次の周回の登りで堪えきれず千切れる。
そこで電池が切れたように身体が止まり、最後の大周回に入るまでもなくレースを降りる事になった。

感想
厳しいコースであったが、もっと展開に絡めると思っていた。
遠征が始まってから登りの練習が出来ていない事、連戦も続いていて身体以外の疲労も否めなかったが、
それらを全部ひっくるめて「遠征」なのでそこで個人の順応力が求められる。
その点での自分の能力が分かった。
もっと高いレベルの順応力が必要とされる。

ネイションズから世界のトップの高いレベルのレースを走り、打ちのめされた感はあります。
今回のレースで自分の欧州遠征は終了ですが、日本に帰国してからも大事なレースが続きます。
それまで少し期間があるので、リセットする良い機会だと思って準備していきます。
もっともっとやれる事があるはず、そうすれば日常生活の小さな事から変わっていける。