ページ

2014年4月7日月曜日

Primevère Montoise

レースレポート


Photo:Guy Dagot
sudgirondecyclisme

145キロのアップダウンのある大周回を一周するレース。
長いローリングの後、登りでリアルスタート。
すぐにアタック合戦が始まり、各選手攻撃をする。


一度、清水選手が単独で逃げそれに数名がジョインし自分もブリッジをかけ、合流。
逃げ始めるが、後ろも追ってきて一旦吸収。
ここからさらに、自分から攻撃をしていく。きつい領域からさらに攻撃をする、それが決まるかもしれないし、今後の自分の為になる。
攻撃吸収を繰り返し、30キロ過ぎで徳田選手ともう一人がアタックし2人逃げが出来る。
このおかげで、自分達は他チームの動きに合わせて追走の動きに注意する。
ペースは上がったり下がったりを繰り返し、前との差は1分以内を推移。
ここからは何回動いたか分からないが、下りの得意な清水選手が下りで2人で抜け出していく。さらに岡選手も。
自分と面手選手は10名程に減ったメイン集団で他の選手の動きに注意する。
差は1分以内で固定。
チームとしては前には3名が乗っている良い状況だ。
もし前に追いついた時の事も想定し、次備えながら走り、徐々に距離が短くなる。
ラスト5キロで1名アタックし、反応し3名で抜け出していく。
ラスト2キロで数人吸収され、ここからさらに動いて4名。
前との差がどんどん縮まり、ラスト1キロを切り、400メートルの最終コーナー。
スプリント開始し、1人に捲られ9位でゴール。

感想
今回はいわゆる「元プロ」などの強い選手がたくさんいたわけではなかったですが、
チームとして上位に多数の選手を送り込めた事は良かったと思います。
前半遠征のフランスアマチュアレースはこれで最後です。
来週から始まるネイションズカップに向けて、身体気持ちと準備していきたいと思います。

Photo:Guy Dagot