ページ

2014年8月21日木曜日

2連戦

1戦目 エリートナショナル(1.12.1)
レースレポート 
 25キロ程の大きい周回を5周する125キロのレース。
所々にアップダウンもあるが、フラット基調なコースで、風が吹けばそれによってまた展開が変わる。
当日はそこまで風は吹かず。 
 レースは徳田鍛造選手のアタックから始まり、アタックの応酬。
ナショナルチームとEQAは常に前に誰かが乗っていて自らレースを作れた。
自分も調子は良く、何度もアタックしていく。 
逃げていた徳田優選手と話した時に彼は「楽しい!」と言ってきた。
彼の言葉に自分も刺激が入り、苦しいながらも攻めていく。 
攻撃的になり、優選手と二人で逃げた時もあった。
これだけ強い同い年の選手が身近にいて、自分は幸運だ。
 一緒に逃げていたフランス人選手もかなりきつそうで、やはりきついのは皆一緒でそこから飛び出せるか否かで分かれる。
後はタイミング。
 決定的になったのは4周目で、10名程が先行し一気に差が開く。ここに最終的に日本人選手は3人残った。
日本人のチームとしては良い展開だがここに入れなかったのは、本当に悔しい。
 差が決定的になり、集団でナショナルチームと連携し黒枝咲哉選手のスプリントに備える。
牽引は出来たが、もう少し出来る事があったと思う。
 自分は集団内でゴール。
 先頭では黒枝士輝選手が同着の1位!
 感想
自分の体調の良さは感じられましたが、個人的な結果には不満足です。 
翌日もレースなので、しっかりケアをして臨みたいと思います。


2戦目 1.2.3.jrカテゴリー(1.12.7)
 連戦ではあるが、そこまで疲労は感じず走る事が出来た。 
スタートしてから、積極的に攻撃を繰り返していく。 2周目の登りでいつもの元プロ選手達が話し合わせていたように共にアタックしていった。 自分が先頭の時で苦しい時に反応出来ず。 
ここにEQAもナショナルも動いた直後という事もあったが、自分含めてなんとしても入るべきであったと思う。
その後に交互に追走の動きを繰り返し、面手選手と徳田優選手が先頭に合流する。
 自分と清水選手も抜け出し、清水選手に後押ししてもらい合流しかけたがギリギリ届かず。
集団に吸収されてからも少し休めば動けるので、調子自体は良いと思うのだが前は中々追いつけない。 
30秒前後を推移していて、毎周回設定されている周回賞でどの集団もペースが上がり、
中盤過ぎに面手選手、徳田選手ともに遅れてしまう。
もう追っていくしかないのだが、ここでしっかりコミュニケーションを取らずに走った事もこの日の反省点。 
前は見えていただけに、自分達だけの力を使って追うことへの躊躇い、フランス人選手の脚を使わせたいという考えが
交差してしまった。 
絶え間ない追走の動きで大分、この集団も少なくなったが10数名のこの集団と前7名程の逃げの構図は変わらず。
前は捕まえられず、集団からは徳田選手が力ずくで追走していき、清水選手、岡選手、自分は集団でスプリントしてゴールした。 

 前に最初から乗ったと仮定して、今の力量で最後まで強豪選手達の攻撃に耐える事が出来たかは
厳しいかもしれなかったけど(特に今回は毎周回必ず周回賞でもがく)それでも前には乗りたかった。
少し次戦まで空くので、トレーニングして状態をさらに良くしていきたい。