ページ

2014年9月16日火曜日

Jard-Les Herbiers

レースレポート 
 150キロ強を走ってきて最後6キロの周回を走るほぼラインレース。
 コースはアップダウンとこの地域では風が吹くとレースの破壊力が増すが当日はそれほどまでは吹かず。 
しっかり前半からの動きに乗りつつ、このレースを動かすであろうヴァンデUの動きも見て後半に脚を残せられるように
走る。 
スタートし、前半からハイペース。
アタック合戦に幾度も加わり、攻撃を繰り返すがまだ皆脚がある状態での決定打を打てない。 
数分に渡って抜け出せても吸収される。
こういう時に決まりやすいのは、数えきれないほどアタックがあった後に破壊力のある場所に来た時。 
短くてもきつい登りや風の区間。
そう分かってはいた。
 レースの半分過ぎにそれが現れた、直角に曲がったあとの急勾配の登りで集団はバラバラになる。 
一度目は一旦離れたもののなんとか追いついたが、2度目でさらに攻撃を受けて、またバラバラに。 
分解した集団が再生されていったが、その時点で20数名が先行してしまっている状態。 
ジャパンチームで追走をかけたが追いつく事は叶わず、
かなりの大集団だが、もう追走の意志のある選手が少なく長い距離を残して勝負に絡めなくなった。 
最後20キロでここから抜け出して数名でゴールを目指す。
ギリギリで周回に入り、最後はこの集団で争ってゴールとなった。 
感想 
ステージレースからの遠征だったが、レースを走っている際にはそれほどまで疲労を感じる事はなかった。
課題はあの区間での対応力。 
あそこがどんなにきつくても乗り越えられれば、展開に絡んでいけると思う。 
優勝争いにはさらにそこからもう一段上の力が求められる。