ページ

2015年4月26日日曜日

ZLM TOUR


レースレポート

第1ステージ
風によってレース展開が左右されるZLMツアー。
今年はステージレースとなりまた違った展開も予想されたが、結局重要な事はどれだけ前で、そして風の餌食にならないか。

第1ステージ
レースがスタートする前から激しいポジションの取り合い。スタートしてからも激しく開始200メートルで落車も発生。
その後も何度も落車等頻発し、巻き添えも食らうが序盤は集団に食らいつく。
30キロ手前までは、この大きな集団にいれたが、横風区間に入った時に自分が思っていたより前方ではなく、分断が起きる。
2番目の集団に残されたが、ここにもたくさんの強豪国の選手達がおりその選手達による強力な追走が始まる。しかしエシェロンの後方の風をもろに受ける位置になってしまい、オールアウト寸前

オールアウトになって1人になったら終わる。その一歩前で思い切って踏みやめて後ろの集団に合流する。
しかし、この集団に勢いがなく、その後に前の集団は一塊になり落ち着いたとの事だったが、追い付く事なくこの最後尾のグルペットでゴールをする事となった。

第2ステージ
午後はTTT。
身体的にきつくなるだろうと予想して、出来る限りケアを行ったが、厳しく、自分の不注意でメカトラになってしまい早々にチームから脱落。
皆に申し訳ないし、不甲斐ない自分にフラストレーションが溜まったステージとなってしまった。

第3ステージ
最終ステージは、今の出来る最善を尽くす。
スタートし、熾烈な位置取りからの強烈な横風区間へ。
大きく集団が分解されたが、ここは焦らずにコースすぐに向かい風に変わるのでここで再び合流。
ゴチャゴチャとしたこの集団を縫うように前に上がっていき、中盤より前で横風区間へ。ここはすぐに終わる区間。
また向かい風区間では落ち着く。
落ち着くと言っても、その中での位置取りは常軌を逸している。
次の横風区間を前にポジションを上げていき、20番手~30番手程の位置で突入。
ここなら比較的良いと思ったが、今までのは何だったのかという程の強烈なペースアップ。
自分のすぐ前で中切れが起こって、そこでつっかえてしまい、後ろから上がっていく選手の流れに付くに付けず下がってしまう。
一瞬の出来事が命取りだった。
千切られ、その後再び追い付くがメインの集団は遥か先へ。
この集団も人数がいたためローテーションを回したが追いつける事なく100キロ地点でバイクを降りた。

感想
とんでもなく厳しいレースだった。
その中で、集団の中でポジションを上げていく事などの技術的な面では昨年より向上は見られたが、それでもまだまだトップには及ばない。
何より根本的な身体的能力が劣っている。いくら位置取りでカバー出来る部分があっても補いきれない実力差が如実に出た。
単純で1番難しい事であるけど、やるしかない。