ページ

2016年3月29日火曜日

GP national de cintegabele

レースレポート


カテゴリー(1.2.3.jr)

距離 10km×12周

天候 晴れ 15℃



拠点近くで開催された1.2.3.jrのレース。

10キロ弱の周回を12周のレース。

練習でもよく使用するコースで、下見は十分。

優勝を目指した。




1周目からアタックの掛け合いだが、いつもより出場している面子が濃くないため、物凄く破壊力がある訳ではない。

チームメイトと交互に攻撃を仕掛ける中、4人が先行。

後に、3周完了手前に集団から20名程で抜け出し合流しそのカウンターで1人アタック。

自分はワンテンポ置いて追走し、2人で逃げ始める。

1人合流し、その後にペイネームの面手選手とブラニャックの選手が合流し5人の逃げを形成。

協力してローテーションし、一時差は1分開く。

あと8周、このまま逃げ切りたい。


しかし、数周逃げた後に1人が脱落し、4人に。

追走と集団との差は30秒前後を推移。

ラスト5周で後ろから椙田選手含む3人が合流。

7人となり、回していくが差は思うように広がらない。

ラスト2周半でついに後ろに追走集団が迫る。

追いつかれまいと、自分からアタック。

一時3人で抜け出すが、吸収。

その後、集団も合流してきて、30人程の大きな塊に。

ここからもドンパチやり合うが、最終周回手前の下りで1人とその後の登りで3人飛び出し、それが逃げ切ってしまった。

対応出来る力がなかった。


登り切り平坦区間でアタックをかけ追走するが、追いつけない。

そのカウンターで新城選手ともう1選手が抜け出し、新城選手は5位に。

1人は溢れてきて吸収、集団でのスプリントをして自分は恐らく10位程でゴール。



感想

いつもより展開しやすいレースだった分

逃げに乗り、終始レースをリード出来た。

そのまま逃げ切る事が出来れば自分が勝てる展開に持ち込める可能性が増えたが、力及ばず。

2位の選手は、途中から一緒に逃げていた選手だったので、捕まってもそのくらいは出来るようにならなければならない。


来週からはレースが増えていく。

早くレースを走りたい。

立てた目標に向けて、体調を整えていこうと思う。