ページ

2016年4月11日月曜日

circuit vins du Blayais


Photo: Desanlis Julie



レースレポート

4/10

カテゴリー (エリートナショナル)

距離 174km

天候 晴れ 風あり





全体的に平坦基調だが、中盤に連続して短い登りが連発する区間や風が吹くと吹きさらしの区間があるため

消耗する160kmのラインと7kmの周回2周の174km。


全体の人数が少ないため、序盤はスローペースで進んだ。

25km過ぎからペースが上がりはじめ、横風区間でも集団は分裂を起こすも、

風向きが変わると元通りに、を繰り返す。

しかし、48km地点で関係車両の事故でレースが中断。

40分後に再スタートが切られ、最後の周回のうち1周はカット。

15分ほどのローリングの末ペースが上がる。

横風区間で分断、しかしまた元通り。

街中に入り、アップダウンの区間に入るとアタック合戦。

自分の調子も上がりはじめアタックしていく。

登りで数人が抜け出し、石上選手がジョイン。

自分は様子見で周りの動きを見て対応。

ここで上手かったのが、フランスシニアチャンプのレイメール選手のジャンプアップ。

下りの勢いを生かして、登りでそのまま単独で追いついた。

あのやり方なら追いつけたはず。

その後、ペイネーム3人ともう1人と5人で追走を作り、追いかける。

見える位置にいるのに届かず、こちらが失速してしまった。

20km程追走したのち、集団に吸収。

周りの選手の動きをチェックしながら、走っていたが思いのほか脚が売り切れ

残り40kmほどで集団もバラバラに。

自分も分断した集団から離れ、単独でゴール。


感想

チームメイトが前に入っている事で一発の踏みに躊躇してしまった。

チームのチャンスを潰す必要は全くないが、合流の仕方はいくらかあったと思う。

それと最近は後半でのスタミナ切れが多いと感じているため、対策を練っていきたい。

次以降勝ち逃げに必ず乗りたい。