ページ

2016年8月24日水曜日

8/21 8/22 8/23 レースレポートと諸々




8/21  Saint-Martin-de-Seignanx


レースレポート


カテゴリー:1.2.3.jr

距離:2.5km×40  100km

順位:12位



スタートしてからアタック合戦。

コース自体は細かくアップダウンはあるもののそんなに難易度は高くないため、アタックがかかり続けて

疲れてきた時に動ける選手達で決まるだろうと思った。


最初は様子を見つつ動く、5周目辺りで周回賞狙いの選手のアタックについていき

それを交わしてトップ通過。そのまま踏み続け後に1人合流し3人で逃げ始める。

このまま行っても良いし、後ろから数人合流しても良い。

と思ったら、前輪パンク…

ニュートラルルールは使えるが、既に前輪の予備は新城選手が使ってしまっていたためホイールがない。

しょうがなく、急いで車に戻り修理して審判にその旨を説明して、数周後にレース復帰。

自分でパンクを治してレースに復帰なんて、昔のレースのよう。


レースは大きい塊のまま。

復帰したあとは、妙に頭がクリアで躊躇なく動けた。

数人が飛び出しては吸収の繰り返しの後、ラスト10周を前に3人で抜けだす。

さっきと同様に周回賞を利用したアタックで、後に1人が下がり2人で逃げる。

集団とは結構な差が開きこのまま行ければ尚良い。

すると、ラスト7周くらいで渡辺選手含む10名ほどが追いついてきて先頭が拡大。

チームとしては良い状況だが、こうなると引かない選手も出てきてペースが上手い事上がらない。

上げ下げしているうちに、ラスト3周程で再び集団にキャッチされる。最悪。

その中でも動きは止まらず、ラスト2周半で再び渡辺選手含む10名ほどが先行。

集団も疲れが見え始め、差は一気に開く。

ラスト1周半の下りからの小さい登りを利用してアタックをかけ、単独で前を追走。

差は15秒ほどだが、単独ではきつい。

踏み続けたが、落ちてきた1人を交わしたのみで12位ゴール。


感想

調子はまずまず。

最後に先頭に乗り切れなかったのは、捕まったあとの気の緩みが出てしまった。


明日以降も連戦なので、頑張りたい。







8/22 Laville de temple

レースレポート

カテゴリー:2.3.jr

距離:1.6km×45  75km

順位:2位



前日よりカテゴリーは下がるが、勝つことは難しい。

その中でも勝てることが大事。


コースは平坦で、難易度は低い。後は選手による展開でレースは動く。

スタートし、アタック合戦。最初のスピードは1.2.3カテゴリー並み。

数人が飛び出しては吸収。

3周目ほどで、渡辺選手含む逃げが先行。

決まりそうだったが、集団もまだ元気でこれは吸収。

その後、1人が先行し、それを2人が追走。さらに自分ともう1人で追走。

これが最終便で、この一緒に飛び出した選手は追いつく前に離れ4人で逃げ始める。

うち1人は前日のレースで恐らく3位だった選手。脚はあるだろう。

結局このまま最後まで逃げ切ることに。


道中は周回賞がやめてほしいくらい設けられて、それを利用したアタックが繰り返される。

しかし、ゴールが近づくにつれ明らかに元気がなくなっている。

途中で少し飛び出してみると、こういう動きには付いてくる。

ラスト10周から1人が先頭交代に出なくなり、厄介。

この日はとても暑く、脚も何度か攣りそうになりバレないよう走り続ける。

そこまで大きなアクションがなく、ラスト周回。

思い切ってスプリントで勝負することに決めた。

周りの動きをみながら、最後のコーナーを曲がりストレート、スプリント開始。

掛かりは良く先頭、このままいけそう!

が、最後の最後にギリギリで刺され2位。

勝った選手はツキイチ選手ではなく、前日3位の選手でもなく

もう1人の選手。

周回賞のモガキでも強く、それでも勝てる気はしていたが

及ばなかった。




感想

久しぶりに先頭でレースが出来て、そこは色々と忘れそうになっていた感覚を

思い出す事が出来た。

最後の数キロでアタックすればよかったのかとも思うが、

周りの様子を見た上で今日はスプリントに絞った。

反省を踏まえそれは次に実践したい。


あとはしっかり決められるようにしたい。







8/23 Calmaux


レースレポート


カテゴリー:1.2.3.jr

距離:1.76km×43周 76km

順位:18位



この日はナイタークリテ。

レースはこの日で3日目で、日中はひたすら休んでいたが若干疲れを感じる。

この日も上位入賞を目指した。


スタートして、身体が重い。

何とか集団に付いていっているが、序盤は自分から動けず。

次第に身体がこのスピードと暗闇に慣れ始め、エンジンが掛かり始める。

自らもアタック、他選手のアタックにも反応。

こんな動きを繰り返し、何度か分断もされたが中盤までは一塊のまま。

レースが決まったのは、終盤辺りで数名の飛び出しに渡辺選手と他数名がくっつき先頭が形成。

残された選手は疲労が見え始めたか、裏のちょっとした登りで速度差を付けて3人で追走形成。

勢いよく飛び出したものの、あと10秒が遠い。

2人もきつそうで、自分も重たいギヤに頼ってしまう踏み方になってしまい、追いつく前に失速してしまった。

今日は自分もここから加速が出来なかった。

後ろから来た集団に乗り、結局その集団でゴールした。





感想

全体を通して、身体の動きが鈍かった。

ステージレースと考えてもまだ3日目なので、そこは順応と回復する能力が低い。


次は2日後からまた連戦。

色々と考えている事を試して臨んでみたい。







レースはこの使用で走りました。

ホイールは前がULTEGRA WH-6800  後ろがDURA-ACE WH-9000 C35

タイヤはブリヂストンのR1GとRR2LL。


最近ハンドルを慣れ親しんだラウンド形状に戻しました。

また使ってみて思ったのは、自分はこちらの方がスプリントはしやすい。



昨日のナイタークリテはALBIという大きな街の近くのCALMAUXという所で街中開催。

そもそもナイターはMONPAZIEという田舎の村のレースしか走ったことがなかったので、街中がライトアップされた中で走るのはまた初の体験。

お客さんは食事しながら、楽しそうに観ていました。